院長紹介

秋山眼科は先代の秋山晃一郎が現在の関内で開業して、お陰様で半世紀を超えることができました。

私も二代目として開業40年間近です。

地域に根ざした眼科専門医として、親切、丁寧、わかりやすい説明を心がけて日々の診療にあたっております。母校の順天堂大学をはじめ横浜市大、けいゆう病院、近隣の各科開業医の先生方と緊密に連携を取り、すべての眼科疾患に迅速に対応できるよう努めております。

いつでもお気軽に相談できる眼科を目指しておりますので、気兼ねなく来院くだされば幸いです。

秋山眼科医院院長 秋山 修一 

秋山修一 略歴

1959年   横浜市中区に生まれる

1972年   横浜市立北方小学校卒業

1975年   聖光学院中学校卒業

1978年   聖光学院高等学校卒業

1985年   順天堂大学医学部卒業

       医師国家試験合格

       順天堂大学眼科学教室入局

       室蘭市立総合病院

1986年   順天堂伊豆長岡病院

1987年   甲府市立病院

1989年   順天堂病院本院

       秋山眼科医院 継承

1992年   順天堂大学より医学博士の称号を

                      受ける

1995年   眼科専門医試験合格

2000年   横浜市眼科医会 常任理事

2003年   社会保険審査委員

2004年   神奈川県眼科医会 理事

       横浜市学校保健会 理事

2005年   横浜市中区医師会副会長

       横浜市医師会運営常任理事任

                      委員会委員

2008年        横浜市眼科医会副会長

2010年        県社会保険診療報酬請求書

                      審査委員会主任

2017年        横浜市中区医師会長


この度、皆さまに支えられ秋山眼科医院開院60周年を迎えることが出来ました。

今後も地域に愛される眼科になれるよう、感謝の気持ちを忘れず努めて参りたいと思っております。