担当医紹介


舩津 英陽  (フナツ ヒデハル)


略歴・役職

1975年 聖光学院高等学校卒業 (12期生)
1983年 北里大学医学部卒業
1985年 東京大学医学部眼科 文部教官助手
1993年 学位:東京大学医学博士
東京女子医科大学糖尿病センター眼科 講師
1993年~1994年 テキサス大学眼科  客員講師
2004年 東京女子医科大学糖尿病センター眼科 准教授
2007年~2022年 東京女子医科大学八千代医療センター眼科 教授
2009年~2017年 東京女子医科大学八千代医療センター 副院長
2011年~現在 日本眼科学会評議員
2022年 東京女子医科大学定年退職


ごあいさつ

私はこれまで大学病院で眼疾患全般、中でも糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、黄斑浮腫などの網膜疾患の診療を積極的に行ってきました。多くの患者さんを診療する中で、適切な眼科的診断や治療を行うことはもとより、患者さんに寄り添う医療、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の治療や管理、医療連携などの重要性を認識しています。私を育ててくれたこの横浜の地で、多くの患者さんにとって少しでも安心できる医療を提供できるように尽力したいと思っています。



専門
網膜および黄斑疾患、特に糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、黄斑浮腫


認定・専門資格
日本眼科学会眼科専門医、眼科指導医、PDT専門医


所属学会
日本眼科学会
日本眼科医会